So-net無料ブログ作成

とうふとSampleとかいう新名義 [制作]

一年半ぶりの更新です。


もはや読んでる人はいないと思いますが、最近やっていることが形になってきたのでリンク張っておきます。




あれこれやっているうちにKontaktライブラリの自作と配布にまで至ってしまいました。

今は秋M3へ向けてせっせと作っております。

結構実用的なものができつつありますよ。



ホールへ録音をしに行ったり、写真を撮りに行ったり、頭を悩ませながらプログラムを書いたり...

とおよそ今までと何も変わりない生活を送っております。






zuboraskusho.png

small.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

「めんつゆ曲アーカイブ」とはなんぞや? [制作]

なんの説明もなしに、週一更新をやめてしまっためんつゆです。

なかなか時間をとる事ができなくなってきましたので、更新頻度はかなり落ちるかと思います。

で、本題の「めんつゆ曲アーカイブ」に関してなのですが、
来年度以降、めんつゆ名義で音楽活動を続けていけるかわからなくなりましたので、
今まで作ってきた、古い曲を一箇所にまとめちゃおう、というのがそれです。

百聞は一見に如かずということで↓







こういった感じで、youtubeに一枚絵(今はないけどね)と曲と歌詞をセットであげて行きます。
so-netのプレイヤーは馬鹿なので、もうyoutubeに浮気しちゃいます。

ちなみにこの2曲はすごく最近の曲です。
新曲を見本みたいに使っちゃうのもめんつゆクオリティ。


懐かしの曲から、限定公開、非公開の曲、聞くに堪えない曲まで、今まで作ったものをほぼすべて出し惜しみなくあげて行くと思いますのでご期待ください!
nice!(0)  コメント(8) 

baby taylor 3 [制作]

最近、チョーキングとビブラートがなんだか色っぽいめんつゆです。

先週は勝手にお休みしておりました。週イチ更新の記録は一旦リセットです。

 

 

前回の流れを引き継ぎ、今日も、ベビーテイラーシリーズで行きたいと思います。

ベビーテイラー.jpg

ばーん、お手製ギターケースです。

と言っても、キルティング生地を適当な形に切ってファスナーで閉じただけですけどね。

 

チャック.jpg

難所と言われる、曲線ファスナーもなんとか成功のようです。

 

持ち手ぐちゃ.jpg

持ち手は余ったキルティングで作りました。

必殺「適当縫い」。性格が出ています。

 

あと、ポケットとか肩掛け用の紐とか付けたいのですが、持ち運べれば何でも良いのです。

しっかりと、ギターバッグの役割を果たしてくれていますよ。

旅のお供にbaby taylor。

 

しかし、これは雨が降ったら死亡ですね。


nice!(0)  コメント(0) 

めんつゆスタジオの紹介2 [制作]

今日は何週か前の続きで、めんつゆスタジの紹介をして行きたいと思います。

今回は生活感丸出しでちょっと恥ずかしい…。

 

では、背面。

シルクは吸音.jpg

家族がタイに行った時のお土産のシルクをまんま壁に垂らしてやりました。

その上から服をかけてやれば、その日の気分で音響を調整できる、という仕組みです。

実際、聴覚上、そこまで変化はありませんが、フラッターエコーが起きないので、少なからず効果はあるのでしょう。

 

次は天井です。これは吸音材。

天井吸音材.jpg

スピーカーからの初期反射を殺すためのものです。やはり、初期反射を調整するのが一番手っ取り早く効果を実感できますね。

 

こっちはレースのカーテンを垂らしています。

レースにカーテン.jpg

これもフラッター対策で、わざとたるませて貼っています。

このレースは人に思わぬ印象を与えてしまうようで、家に来る人皆口を揃えてが「ラブホみたい」と言います。

やめてあげてください。


nice!(0)  コメント(7) 

めんつゆスタジオの紹介1 [制作]

チョーキングしまくってたら、爪が軽く剥がれためんつゆです。痛い…。

 

先日、久しぶりにまともに音を出してミックスをしました。

ほんとに久しぶりにインターフェイスのボリュームを5より上にしたと思います。

 

そこで、思い立ったのが「家の制作環境紹介して行くのも面白いかも」というものでした。

というわけで、行きます。めんつゆスタジオ全景

めんつゆスタジオ全景.jpg

はい、いかに金をかけずに環境を整えたのかがうかがい知れます。

まず、突っ込みどころは竹マットです。

 

この竹マットは、ベッドなどに敷けば夏も涼しく過ごせるというシロモノです。

スタジオの音響を作るとき一般家庭の壁紙の音では、あまり良い反射音を得られないので、なにか良い方法はないか、と探して見つけたのがコレです。

1500円でも効果は抜群。壁全部これと吸音材にしたいくらいです。欠点は凄まじく重い。

 

そして、竹マットにぺったりと張り付けられた和紙(黒いやつ)。

これは100均で大きめの和紙を買ってきて、折り目をつけました。吸音材モドキです。

スピーカー背面からの初期反射音を拡散、吸収してくれているはずです。効果の程はないよりマシ程度。

 

さて、お次はモニタースピーカーです。

fostex pm0.4.jpg

fostex pm0.4。

DTM入門用みたいな値段で売っていますが、なかなか素晴らしい性能を誇ります。

カッチカチに固められたミックス用とは行きませんが、

周波数特性も結構素直で、音の分離もそこそこ良く、解像度もまぁまぁ。

ただし、低音は全然把握出来ません。なので、毎回めんつゆ曲の低域はかなーり適当な出来になっています。個性ですね。

 

一応、スピーカーの設置の際には、奇数分割法だとかフラッターエコーだとかスピーカーの共振を抑える方法だとか、勉強するととても面白いので、興味がある方は調べてみれば良いと思います。(ここ読んでる人は音楽してる人が多いははず!)

 

長くなりましたが、紹介しましためんつゆスタジオ。

まだいくつか、風変わりな仕掛けがありますので、次回も書いてゆこうと思います。お楽しみに。


nice!(0)  コメント(0) 

終わったーー!! [制作]



参加中の「LtoF」さんとこでのお仕事が完了しました。

自分以外の誰かが作った固定メロディに繋がるように曲を作るとか、
自分以外の誰かが書いた歌詞を読んで音にするとか、
自分以外の誰かが歌った歌を編集するとか、

とても貴重な経験が出来ました。

自分に無いものにたくさん触れて、ほんとにいい勉強になりました。
nice!(0)  コメント(4) 

終わった…。 [制作]

参加しているボイスドラマ企画「L to F」の挿入歌が完成しました。

いつもと違ったアプローチで曲を作ったので大変でした。勉強になりました。


リテイクがなければ良いのですが・・・。



あ、公開はできませんよ。




寝ます。

作ってます。 [制作]

只今、miccuanさん主催のボイスドラマ企画「LtoF」に挿入歌作曲者として参加させてもらってます。
http://ltof.web.fc2.com/

miccuanさんは、この企画の台本の他、挿入歌の作詞もされていて、
雰囲気のある味わい深い文章をお書きになられる方です。

コロッケ定食がどうだのとか、そんな曲を作っている自分には到底書けないような素敵な歌詞。
その歌詞を目の前にして、少し難航していたり、していなかったり。


そして、曲者がフランス語、だったりします。


今回、曲をつける詞にはフランス語がちらほら埋め込まれています。
詞にメロディをつけるとき、単語のイントネーションやアクセントって大事だと思うのですが、
フランス語の発音なんてしらないですよね。

そこで見つけたのがここです。
http://www.research.att.com/~ttsweb/tts/demo.php

英語やらフランス語やらで発音をしてくれるソフトのデモページなのですが、
これがおもしろい。

くだらない文章をはっきり綺麗な声で発音してくれます。
一度お試しあれ。

そして、発音してくれたものをwaveファイルとして保存することも可能なので、
その声を加工して音程をつけてやれば歌にできるかもしれない、
と、一人でひたすら手間のかかりそうな遊びを考えていました。

さて、遊びはこの辺までにして、制作に戻ります。
それでは。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。