So-net無料ブログ作成
検索選択

pacificaでウーマントーンを出そう。 [機材]

一週間おやすみでした。寒いと行動がカメになります。

 

今日はヤマハのpacificaの改造ネタです。

エレキギターで、トーンを0近くまで絞った、甘くて箱鳴り感のある音を「ウーマントーン」と呼びます。

 

普通、ストラト系のギターではウーマントーンは出せないのですが、近い音を出せる方法があるそうなので、試してみました。

 

ウーマントーンでキモになってくるのがハムバッカータイプのピックアップです。

pacificaはフロントはシングルしかついていませんが、フロントとセンターのピックアップを直列に繋ぐと、擬似的にハムバッカーのサウンドを得られるそうです。

なので、まずハムバッカー的サウンドを得るるため、回路をいじりました。ホントは音を聞いてから手を付けたかったのですが、サンプルが殆ど無くて結局自分ですることになりました。意外とこの音を聞いてみたい人は多いはず。

改造自体はトルグスイッチひとつあれば簡単に出来ました。

 

前半がフツーのシングル、後半がフロントとセンター直列です。

 

あまり期待していなかったのですが、このカリカリした音。

これはハーフトーンではないか…。

ちなみにハーフトーンとは↓

 

普通のハーフトーンよりも太いようですので、この音は「直列ハーフトーン」と名づけました。

思わぬ副産物ですが、これはこれでアリだと思います。

 

さて、本題のウーマントーンなのですが、いろいろと試してみました。

 

こちらも普通のフロントシングルとの比較です。

前半はシングルです。アタックがどうしてもストラトっぽくなりすぎて、雰囲気が出ません。なにか大事なものがスッポ抜けた感じがします。

後半は擬似ハムです。普通のストラトからはまずでないような音です。甘さ+箱鳴りっぽいのが出ました。

 

やはり本家とは違いますが、ここまで出来れば上出来でしょう。そもそも、セミアコやフルアコ、レスポールの音はこのギターから絶対出ませんからね。

 

pacificaは本当にいろいろな音が出るので、スピードが命のデモ作りでの仮ギターに非常に適しています。(もちろん出せない音もありますが)

今まで以上に「だいたいこんな音が欲しい」に常に平均点で応えてくれる素敵なギターになりました。満足。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る