So-net無料ブログ作成
検索選択

step in July [オリジナル曲]

夏もど真ん中。この時期になると「そうめんつゆ ストレート」でこのブログにたどり着く方が結構増えてきます。

期待はずれでごめんなさい。めんつゆです。

 

さて今日は学校のテストで作った曲を公開します。

ウェーベルンの12音技法によってピアノ曲を作れという課題で、こんなのが出来ました。

 

難しい…。

12音技法は決められた12音からなる音列を逆行させたり反転させたり、分割して繋ぎあわせたり…なんせ、制限がたくさんある作曲法なのですが、素直に並べると綺麗になってしまう上に、音列の特性が漂うだけの音楽になってしまいます。

その上、次の音がほぼ約束されている状態なので、どうしてもこの「音列の特性」から抜け出せない。欲しい音が使えないというもどかしさがありました。

故にリズムの形が結構重要なのではないかと思いました。

 

ていうか、ピアノにリバーブくらいかけろよ、自分。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

七瀬

テレビコマーシャルなどで「めんつゆ」の文字を見ると
にやっとしてしまいます。七瀬です。笑

テストが作曲ってかっこいいですねー!

12音技法...初めて聞きました.....。
ので、検索して調べてきました。面白いですね!
なんだか不思議な中毒性がいいです**

by 七瀬 (2010-08-02 13:04) 

めんつゆ

めんつゆに過剰に反応してしまうのは、めんつゆ病です。治療方法はありません。

テストで曲を作るのは、全然かっこよくないです。死にます。時間足りないです。

12音技法は一つの音列を何度も使い尽くして作曲するので、不思議で掴み所の無い音の並びなのに、不思議と予定調和感が出てきます。

なんというか、理屈の世界なので、物の見方を変えた一つの実験と結果という風に見つめると、人間の音楽の聞き方がひとつ解き明かされますね。実に奥が深いです。
by めんつゆ (2010-08-02 23:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。