So-net無料ブログ作成
検索選択

ピックアップ比較 [機材]

ギターブログになりつつある、めんつゆストレート

しばらくはこの方向性で行くことになると思います。

 

今日は先日言っていたピックアップ交換の音源比較をして行こうと思います。

pacifica ピックアップ改.jpg

見てくれはこんな感じです。どこを交換したかよくわかりますね。

フロント:bacchus YUTA vs-1

リア:PRS McCarty リア

 

では、フロント側の比較です。

改造前 → 改造後 です。

 

ずいぶんと印象が変わりました。

元のピックアップは低音が結構タイトに固められて無機的な感じの音でしたが、バッカスの方は柔らかさというか、余裕というか、だらりとした雰囲気というか、そういったものが感じられます。感度も良く、ニュアンスも出ます。音の芯が少し弱くゆるいので、カッティングなんかは元の方が良いかもしれません。しかし、ただゆるいだけではなく、トーンの甘さとサスティーンを持ち合わせているところが面白い。しばらくこれで練習して行こうと思います。

フロント交換のまとめ:プラスチックから羊かん

 

さて、次はリアの比較行きましょう。

 

クリーンの時と歪ませた時でずいぶん反応が違います。

 

クリーンでは、元のものより「ペリ」っとした部分が強調されているように思います。

歪では、逆に高域がおとなしく引っ込んでいます。ハーフミュートの感じなんかはまさにハムバッカー。元々ハム系ギター使いだった自分としては、とてもしっくり来ます。うん、これこれ、この感じが欲しかった。しかし、ハムバッカーのくせにめっちゃ表情が出る。流石はPRSだ。

リア交換のまとめ:ぶっちゃけ聴いてる側はどっちでも良い。

 

今回交換したピックアップからは、どちらからも同じメッセージが聞こえました。

「いい音出したかったら練習しなさい」

万能ギターというのは多彩な音が出るギターのこと、多彩な音が出せるということはすなわち、多彩な音を弾き分ける技術が必要になってきます。

弘法筆を選ばず。結局のところ、そこに行き着くわけです。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。