So-net無料ブログ作成

ギター改造案 [機材]

土曜日を過ぎてしまいました。しくじった。

 

というのも、今日はサウンド制作に携わる、ある方のお宅にお邪魔していました。

デモを評価する相手に直接、何を基準に合否を判断するのかを聞けたのはすごく勉強になりました。

今後はmidiの打ち込みに力を入れて行こうと思っております。

 

と、言いつつ、最近ギターが楽しい。

今日はヤマハの万能ギターの改造案でも晒そうかと思います。

 pacifica 改造案.JPG

「字が汚い」というツッコミは受け付けないです。

私めんつゆは思い立ったことがあったら、チラシの裏やスケッチブックに書いてしまうクセがありまして、今回は改造案なるものを用意しました。

ピックアップが貧弱なので、それの交換をしようかと。

 

以下、ギターの話で、自分メモ的な感じなので、ギタリストの方でないと意味不明かも。

まず、リアはハムを乗せます。

yamahaパシフィカ604のリアは一見ハムバッカーですが、方向の違うシングル2本を直列にしたもので(シリーズ接続といいます)、ハムバッカーに比べて、粘りもないし、耳障りな中音域があります。

なので、ギブソンのBurstBackerやduncanの適当なハムでも載せようかと思います。

目指すは、ギブソンレスポールですね。

 

センターは味気ないストレートなストラトらしい音が欲しいです。

センターなんて使わないという人が結構いますが、めんつゆとしては、フロントとのピッキングのスイートスポットの違いや、なんともいえない味気ないストレートさを持ったセンターの音は好きです。

 

フロントはいろいろと遊びたいです。

おそらく、一番多く使うポジションになると思いますので、気持よさを追求したいです。

甘さ、粘り、太さ、そう言うのを求めるなら、スタックタイプが良いかな、と思っています。

好奇心をそそるのは、テレキャスのフロントをストラトに乗せたらどうなるのだろう、という事です。意外とやる人がいなかったので実験しても面白いかも。

 

でも正直、ピックアップ交換はそこまで音の差が出るものではないものなんです。

エレクトリックギターは、昔からよく言われることですが、

ギタリストの実力 : ギター : アンプ : その他要因 = 3 : 3 : 3 : 1 

はホントに的を得た表現だと思います。

 

そして、ピックアップ交換に関しても、ピックアップそのものより、内部の線材や、半田の伝導率がかなり音に影響を与えると聞きます。

一つのことだけこだわっても、良い結果は得られないということですね。

 

珍しく完成品を公開できない日記でした。全然まとまりないですがこれでおしまい。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。